会長挨拶

アジアビルメンテナンス連盟会長 一戸隆男の写真が表示されています。
  •  我々アジアビルメンテナンス連盟は、アジアの地域のビルメンテナンス業界が、快適で安全な建築物環境の維持発展に貢献することによって、その専門的有用性が広く一般に認知され、人々の豊かな生活と活発な経済活動に寄与するため、設立されました。
     2006年に連盟が設立して、日本の狩野伸彌氏が初代会長に就任され、日本の千葉で、第1回大会が開催されてから8年が経過し、アジア各国の皆様の協力により、今大会を迎えるまで発展をすることができました。
     アジア地域の都市は、この美しい上海の建築物などに代表されるように、世界から注目され、めざましい発展を遂げております。
  •  先般、米国のニューヨークにて第20回世界大会が開催され、私は、世界ビルサービス連盟新会長に就任しました。この世界連盟においても、韓国・台湾協会に加えてさらに加盟国を増やし、アジア各国の活躍の場を増やして参りたいと考えております。  そして、次回第5回アジア大会が日本で開催することが決まりました。きたる2016年の4月には、東京で第21回の世界大会を開催します。  私は、新会長として、アジア各国の皆様を大歓迎いたします。  日本の最高の季節をお楽しみいただき、私たちビルメンテナンス業界も一端を担っている日本の「文化」に触れていただければ幸いに存じます。
  •  最後に、今大会の運営にご尽力いただいた上海市物業管理行業協会の朱会長をはじめ関係各位に心より御礼申し上げるとともに、本日ご出席の皆様のご健勝を祈念いたしまして、簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。

2014年6月20日
公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会
会長 一戸 隆男(日本)